アラフォー主婦が3ヶ月で月収20万を得たせどりブログ

★借金まみれの中から自由と独立を目指して契約社員から転職。せどらーとなった38歳の主婦が月商70万を超えた秘訣を大公開★

突然の葬儀 葬儀社を決めるまで

   


<スポンサーリンク>

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 

 

しばらくブログの更新が滞ってしまいました。

ごめんなさいm(__)m

 

タイトルでお察しの方も

いるかもしれませんが、

実は、身内に不幸があり

バタバタしておりました。

 

 

亡くなってすぐに

このような記事を書くことは

不謹慎に思われるかもしれませんが、

突然、身内が亡くなり

葬儀を行わなければならない

状況になったとき

どうしたらよいのか、という事を

お伝えできればと思い記事にしました。

 

 

 

 

亡くなったのは主人の実父で

私から見ると同居の義父になります。

 

 

義父は亡くなる前日まで

いつもと同じように元気でした。

(私は当日には顔を合わせていませんが

義母の話ではいつも通りだったそうです)

 

義母から連絡を受け

私・主人(長男)・義弟(三男)が

病院に駆けつけましたが

すでに息はなく

医師の宣告を受ける直前の状態でした。

 

亡くなったのが屋外だったため

医師による検死

警察による検死や事情聴取がありました。

 

 

 

葬儀をしなければならないと

わかっていても

私以外誰も葬儀社を探したり

斎場を手配する余裕はなく、

その役目は私に回ってきました。

 

私はその中で唯一他人でしたし

たぶん一番冷静だったからだと思います。

 

 

病院からは検死が終わったら

ご遺体を搬送するよう言われましたので

すぐに搬送の手配

取らなければなりませんでした。

(相談すれば数時間は安置して

 頂けるのかもしれませんが、

 そこまで頭が回りませんでした 失笑)

 

 

 

まず、以下の3点を確認しました。

 

 

・互助会の加入

 

互助会とは・・・

お葬式などに備えて、会費を積み立てていくシステム。

わずかな月々の掛金を一定期間払うことにより、

経済的に「結婚式」「お葬式」などを行うことができます。

 

→確認したところ、加入はありませんでした。

 つまり全額手出しでお葬式をしなければ

 ならないということです。

 

 

・知り合いに相談できる

 葬儀社の人がいないか

 

知り合いに詳しい方がいれば

相談もしやすく、料金も頑張ってもらえる可能性があります。

 

→残念ながらこちらもいませんでした。

 

 

・病院に紹介してもらえる葬儀社はないか

 

病院によっては葬儀社を紹介してくれることもあるそうです。

 

→搬送された病院では紹介制度はなく

 葬儀社の一覧が載ったリスト

 手渡されました。

(リストだけ手渡されても

 どの葬儀社を選んでいいかなんて

 まったくわかりません 泣)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

こーなると、自力で葬儀社を見つけ

依頼しなければなりません。

頼れるのは手元にあるiphoneだけ(笑)

 

 

Google先生助けて~~~!

と、まずは一般的な病院から葬儀までの流れを

確認するため検索。

検索ワード「突然・葬儀・手配」

 

 

さらっと流れを確認したら

「広告」に出ている葬儀社のプラン

料金を確認。

 

気になった葬儀社は

「葬儀社名・口コミ(評判)」

などで、実際に使った人の意見を

見てみました。

 

 

ざっと調べてみてわかったのは

大手の(全国対応している)

「○○なお葬式」等は

受付は大手でも

実際に対応してくれるのは

地元の葬儀社で、セットプランの中に

大手からの紹介料が含まれているため

若干割高?!ということでした。

 

もちろん「大手だから、安心」という

口コミもありましたが、中には

「○○が紹介する葬儀社だから良い葬儀社とは限らない」

という否定的な口コミも多数ありました。

 

 

次にわかったのは

葬儀社と斎場の関係。

 

自社で斎場を所有していない葬儀社も

多いため、希望の葬儀社+希望の斎場が

実現しない可能性もあるそうです。

 

結果、地元の地域密着型で

自社斎場を持っている葬儀社

探すことにしました。

 

 

 

 

次に義母(喪主)の希望を確認しました。

 

 

1.ご遺体の搬送先(安置場所)

→一旦自宅に搬送。

 

 葬儀社や斎場が決まっている場合は

 斎場に直接搬送してもらうこともあるそうです。

 

 

2.葬儀の種類(家族葬や一般葬など)

→家族葬。

 

 本来は家族(遺族)のみで行う葬儀という意味ですが、

 親戚やごく親しい方なども加えた

「小規模・少人数で営む葬儀」を指すのが、一般的です。

 

 

3.葬儀の予算

→○○万で納まるくらい。

 

 互助会加入がないため、すべて手出しですから

 予算を考えてプラン等を選ぶ必要がありました。

 また、トータルすると高額になりますから

 分割が出来る葬儀社を探すのもいいですね。

 

 

4.斎場の場所の希望

→できるだけ自宅から近いところ。

 

 自宅・斎場・火葬場の距離感を

 考えて決めないと

 移動に時間がかかり参列者にも

 負担をかける可能性があります。

 

 

 

さらっとご意向を確認できたので

再度Google先生にご相談です。

 

 

検索ワード

「葬儀社・札幌市○○区(地名)・家族葬」

 

いくつか候補が出てきたので

「家族葬」のプラン内容料金を確認。

 

 

プラン料金で気をつけなければならないのが

「不要な内容を取り外しても料金が変わらない」

「必要な内容がプランに入っていないため

 追加料金が発生した」

ということがあるそうです。

 

って言われても何が必要で

何が不要かがわからないんですが~

って思いました(泣)

 

それでも何社かのプランを見比べて、

 

合わせて自宅から近い斎場を

持っている葬儀社を探しました。

 

 

運良く、自宅から徒歩10分

2016年4月にできたばかり

家族葬専用のため1日1組限定の斎場を

自社所有している

葬儀社が見つかりました。

 

 

 

すぐに記載されていた24時間対応の

フリーダイヤルに電話をして

現状を伝え、

病院から自宅への搬送してほしいこと、

葬儀を相談したいことを

伝えました。

 

この時点で、電話応対が心許ないようなら

別なところにお願いしようかとも

考えていましたが

対応も良く、こちらの不明瞭な

質問にも丁寧に対応してくださったので

この葬儀社に決めようと思いました。

 

 

 

<葬儀社を決めるまで、まとめ>

 

確認事項

・互助会の加入

・知り合いの葬儀社の有無

・病院等からの紹介の有無

・ご遺体の安置場所

・葬儀の種類

・葬儀の予算

・斎場の場所

 

決め手となるチェックポイント

・ネットなどの口コミ

・料金プラン

・セットプランの内容

・フリーダイヤルの対応

 

 

いかがでしたか?

まとめてみると結構普通のことばかりです(笑)

でも、こういう状況の時は

普通の事が普通にできなかったりするものです。

この記事が少しでも参考になれば

幸いです。

 

 

次回は家族葬のプラン内容について

詳しくお伝えしますね(^^)

 

 

記事が参考になったよ★

って思ったらポチっとして

頂けると喜びます(*´∀`*)


人気ブログランキングへ

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 


 - 役立つ知識