アラフォー主婦が3ヶ月で月収20万を得たせどりブログ

★借金まみれの中から自由と独立を目指して契約社員から転職。せどらーとなった38歳の主婦が月商70万を超えた秘訣を大公開★

せどりで稼ぐためのビジョン

      2016/07/13


 

副業であと5万、10万あったらなぁ、、、

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、せどりを始める方は多いですよね。

 

その気持ちはと~ってもわかります!

私はほぼ専業とはいえ雇われの身なので

もうちょいお給料ほしいなぁ、なんて

思うこともあるわけで、、、w

 

 

じゃあ、月10万稼ぐために

どう行動すべきか、いくら販売すればいいのか

考えたことがありますか?

 

 

漠然と10万稼ぎたいから

月のおこずかい3万を仕入れに使い、

販売→売れたらまた仕入

を繰り返してはいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、それが悪いというわけではありません。

ただ漠然と仕入と販売を繰り返して、

じゃあいつになったら

10万稼げるようになるの?

 

ビジョン、なんてかっこよさげな

言葉を使ってみましたが(笑)

計画・見通しを立てて

行動してますか?

 

って事です。

 

 

 

 

 

 

 

仮に

仕入値(元手):30,000円

販売額:54,600円

利益率:25%

純利益:13,680円

アマゾン手数料:20%(10,920円)

 

※利益率は新品・中古、回転率により

 異なりますが、一例として25%としています。

 

※アマゾン手数料はカテゴリにより

 販売手数料は違いますが

 FBA保管手数料も含めおおよそ20%としています。

 

 

元手30,000円の場合

在庫を全て売り切って

純利益は13,680円

 

 

次に元手30,000円と純利益13,680円を

仕入にあてた場合(複利方式)

 

仕入値:43,680円

販売額:79,497円

利益率:25%

純利益:19,918円

アマゾン手数料:20%(15,899円)

 

 

これを繰り返して純利益10万にするためには

仕入値:219,298円

販売額:399,122円

利益率:25%

純利益:100,000円

アマゾン手数料:20%(79,824円)

 

となります。

およそ月商40万月10万の収入が得られるわけです。

 

 

 

 

 

ではどのくらいの期間で月商40万(仕入値:219,298円)になるのか?

 

 

アマゾンのペイメント(売上金の口座振込)は

2週間に1回。

仕入や納品の時間を考慮して

ひと月で在庫が売れた(入金があった)として

 

30,000円→43,680円→63,598円→92,598円

134,823円→196,303円→285,817円

 

元手3万から始めた場合

およそ5~6ヵ月で10万円稼げるようになるわけです。

 

 

もちろん、販売すれば在庫は減るわけですから

月10万を継続して稼ぎたいと思えば

在庫の補充は必要になってきます。

 

 

 

利益率は25%で計算していますので

利益率の高い商品が多ければ

もっと少ない仕入額・時間で

純利益10万を手にすることも可能です。

(ただし、回転率に気を付けてくださいね。)

 

 

 

せどりを始めた最初の頃って

こーゆー計算をあまりしていないんじゃないかと思います。

(私がそうでしたw)

 

 

でも闇雲に仕入て販売してを

繰返していると、ちょっとした事で

いつになったら稼げるようになるんだろ、

こんなこと繰り返しても大した稼げないんじゃ

ないだろうか、

疑心暗鬼になってきてしまいます。

 

 

 

でもね、数字は嘘をつきません。

 

一度、今の自分の利益率と回転率で

いつになったら目標の○万になるのか

計算してみてください。

 

先が見えると、気持ちが楽になります。

頑張ろうって思えるようになります。

 

思ったより時間がかかりそうなら

利益率や回転率の改善を考えてみてください。

 

 

貴方のせどり生活が

より楽しいものになりますように(*’▽’)

 

ご相談はいつでも受け付けています(*^▽^*)

 

 

私が雇われの身でせどりを始めた理由はこちら

仕事=せどり

 

記事が参考になったよ★

って思ったらポチっとして

頂けると喜びます(*´∀`*)


人気ブログランキングへ

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 


 - せどりの思考