アラフォー主婦が3ヶ月で月収20万を得たせどりブログ

★借金まみれの中から自由と独立を目指して契約社員から転職。せどらーとなった38歳の主婦が月商70万を超えた秘訣を大公開★

価格改定と価格競争

      2016/05/24


 

皆さんは1日に何回価格改定を

していますか?

 

私はだいたい2・3回です。

朝・昼・晩みたいな。

(主に新品商品のみ)

 

じゃあ、なんで価格改定をするのでしょう?

もちろん、商品を早く売るためですよね?

 

 

でも価格改定をすることにより

利益が薄くなったりしませんか?

 

 

商品を購入した時は

利益1,000円だったものが

価格改定を繰り返すうちに

価格競争に巻き込まれて

10円、100円と販売額が下がっていき

ついには赤字に、、、

 

なんて経験をされたことが

ある方もいらっしゃると思います。

 

 

価格改定をツールで行っていると

色々な設定ができます。

(私は手動でおこなっていますが)

 

最安値より1円安くするとか

2番手価格と同額にするとか。

 

 

でも新品商品の価格改定で

1円安くすることに

大きな意味があるのでしょうか?

 

 

中古商品であれば、お客さまは

コンディション・価格・出品者の評価等から

購入を決めるわけですから、

同じコンディション・評価であれば

1円でも安い方を購入する、という

考えはわからないでもないです。

 

でもアマゾンの新品商品は

カートボックスさえ取得できていれば

他の出品者より10円高くても

100円高くても

値段の比較を行わず

「カートに入れる」ボタンを

ポチッと押して購入するお客さまも

多くいらっしゃいます。

 

 

つまり新品商品で1円安くすることに

あまり大きな意味はないと思います。

 

 

なのに少しでも早く売ろうと

2,000円でも売れるはずの

商品を1,000円にして売ってしまう。

 

何のための商売でしょうか?

何のために頑張って仕入れたのでしょうか?

 

 

日々、価格改定を行っていると

最安値より1円安くする

出品者に時々イラッとします(笑)

 

 

 

そーゆー時はどうするか?

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は何もしません。

価格を変えません。

 

 

モノレートをよく見てみましょう。

 

需要のある商品であれば

すぐに価格は戻ってきます。

 

 

悩むのは価格が戻るか

わからない商品。

 

ロングランで売れ続けている

商品は価格が戻ることは

すぐに読めますが、

発売されたばかりの商品は

そのまま値下がりを続けるのか、

需要が高まり価格が戻るのかを

読むのは難しいものです。

 

 

そんな時は「レビュー」を見ましょう。

あと、Googleでその商品名を

検索してみましょう。

 

レビューを参考にして

商品を買う、お客さまは

大変多くいらっしゃいます。

 

アマゾンにレビューがなくても

Googleなどの検索ツール

どんな商品かを確認してから

購入する方もいます。

 

 

実際に使った人が高評価を

つけていれば、欲しくなるのが

人の心理。

 

価格は戻ってきます。

 

 

価格が戻りそうにない商品の時は

最安値+10円や100円など

カートの取れる範囲

価格改定して、赤字になる前

売り切りましょう。

 

間違っても最安値より安くして

価格競争を加速させるような

ことをしてはいけません。

 

価格改定ツールを使っている人は

30分おき、1時間おき等に

価格を自動改定するのに

こちらが最安値にすれば

それに合わせてガンガン価格を下げてきます。

 

 

もう一度言いますが、

最安値でなくてもカートは

取れます!

 

 

次回ペイメントまで

約2週間のうちに売れれば

いいんです。

 

今日売れても、明日売れても

自分にお金が入ってくる

タイミングは同じなんです。

 

売り急いで、自分が損をするような

価格改定はしないようにしましょう♪

 

 

そうそう、私の失敗談も

仕入の参考になるかもしれません。

よろしければご覧ください。

せどり実践記 失敗談 【色違い商品】

 

記事が参考になったよ★

って思ったらポチっとして

頂けると喜びます(*´∀`*)


人気ブログランキングへ

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 


 - アマゾン