アラフォー主婦が3ヶ月で月収20万を得たせどりブログ

★借金まみれの中から自由と独立を目指して契約社員から転職。せどらーとなった38歳の主婦が月商70万を超えた秘訣を大公開★

いろは講座 商品の仕入基準

   


 

ここでは「仕入基準って何?」

という基本的な事から

お話したいと思います。

 

 

仕入基準=自分が商品を仕入れるための基準

です。

この仕入基準を自分で決めておかないと、、、

 

 

売れたはいいけど赤字だったり、

仕入れてから売れるのに

何ヶ月もかかったのに利益が少ない

なんて事にもなりかねません><

 

 

 

いろは講座 せどりとは?

で記載したように、せどりは

購入額(仕入額)と販売額の差額

利益を生み出すビジネスなので

まず価格差のある商品

見つけることから始まります。

 

 

価格差のある商品を見つけたら

販売額-仕入額-経費=利益額

がどのくらい残るのか、

販売額に対して利益率はどのくらいか、

また、その商品がどのくらいの

スピードで売れるのか(回転率)も考えて

仕入れる必要があります。

 

 

 

ここで大事なのは

利益率・利益額・回転率の

どれを優先させるのかという事です。

 

 

あなたならどれを最優先にしますか?

できればその理由も考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えて頂けましたか?

 

優先順位は

回転率>>利益額>>>>>>>>>利益率

となります。

これは基本的な考え方です。

(場合によっては優先順位が変わる場合があります)

 

 

 

分かりやすいように

例を挙げてご説明します。

 

例1)

仕入額:5,000円

販売額:10,000円

販売期間:6ヵ月

経費:20%

 

例2)

仕入額:1,000円

販売額:2,000円

販売期間:6日

経費:20%

 

例1)と 例2)の商品があり

資金が5,000円だった場合

どちらを購入しますか?

複数購入ありで考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん 例1)を選ぶ方は少ないと思います。

資金5,000円なら 例2)を5つ買うでしょう。

6日で1つ売れる商品なら5つ買っても

約1ヵ月で売れる計算になります。

 

 

例2)で利益額・利益率を計算すると

以下のようになります。

 

2,000円-1,000円-400円=600円

600円×5=3,000円の利益額

600円÷2,000円×100%=30%の利益率

 

 

そして 例1)と 例2)を比べると、、、

 

例1)利益率:30% 利益額:3,000円

   販売期間:6ヵ月

 

例2)利益率:30% 利益額:3,000円

   販売期間:1ヵ月

 

結果として同じ利益率・同じ利益額ですが

販売期間が6ヵ月かかっていたら

5,000円の資金が眠っていることに

なってしまいます。

 

それよりは1ヵ月で売り切って

回収した資金5,000円と利益3,000円の

合計8,000円で次の資金にしたほうが

お金は早く増えていきますよね。

 

 

 

 

 

 

では、下の 例3)ではどうでしょう?

 

例3)

仕入額:5,000円

販売額:50,000円

販売期間:6ヵ月

経費:20%

 

50,000円-5,000円-10,000円=35,000円(利益額)

6ヵ月で35,000円の利益ですから

1ヵ月で約5,833円の利益です。

35,000円÷50,000円×100%=70%の利益率

 

これならば6ヵ月かかっても

いいかもしれませんね。

 

 

 

基準を決める際には

1ヵ月で売れるなら利益額○○円以上で仕入れる。

3ヵ月かかっても利益額○○円以上なら仕入れる。

というように、具体的な期間金額

自分の中で決めましょう。

 

 

最後に利益率の優先順位が最も低い理由は、、、

 

 

 

 

 

1ヵ月で1つ売れるなら

例4)と 例5)どちらを選びますか? 

 

例4)

仕入額:100円

販売額:1,000円

経費:15%

利益率:75%

利益額:750円

 

例5)

仕入額:1,000円

販売額:6,000円

経費:20%

利益率:63.3%

利益額:3,800円

 

 

利益率が高いからと 例4)を

選ぶ方はほとんどいないと思います。

 

 

利益率は仕入額が低いほど

高くなりがちですが、

利益額が多いとは限らないので

薄利多売になる可能性があります。

 

利益率にとらわれず、実際の利益額

回転率で商品を仕入れる基準を持ちましょう(^^)/

 

 

商品の販売先はこちらをご参照ください

いろは講座 商品の販売先

 

 

 

記事が参考になったよ★

って思ったらポチっとして

頂けると喜びます(*´∀`*)


人気ブログランキングへ

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 


 - 基本編